男性と女性の求人案内について

男性、女性を問わず求人情報を見る人は少なくありません。

仕事を探している多くの男性はは、常に求人広告などを見ることも多いと思います。

求人欄に並ぶ情報を見ても、男性と女性のどちらが対象なのか明確になっていないことがあります。

求人情報では、男性向け、女性向けという区分けはありません。

なぜかというと男女機会均等法のせいで、そういう募集が違法になったためです。女性が活躍中とか、若い男性の多い職場などという感じで、暗黙に男性や女性に限定して、応募しやすいような求人広告の書き方をしていることも少なくありません。

一般的な求人の場合、条件さえ満たせば、性別を問わず、だれもが応募することができます。

男性でなければ仕事ができないような要因が、男性活躍中と書かれた求人にはあるということがあります。

とにかく男性しか採用する気がないと言うのが採用する側の本音でしょう。

女性が求人を見て連絡をしてくることはあるでしょうが、会社は頃合を見計らって不採用の返事をするだけです。

採用を見送った場合になぜかを話す必要は会社にはありません。

男性限定もしくは女性のみの募集といった求人ではなくてもイメージで分かります。

暗に採用したい性別が限定されるようなイメージの求人に関しては、たとえ応募しても、書類段階で不採用になる事が多いのです。