円満退職をするための注意点

何をすれば、円満退職ができるものでしょうか。

退職予定日の1か月前には、直属の上司に口頭で伝え、退職願を出します。退職願が受理されたら、後任者に仕事の引き継ぎを行います。

自分が担当していた客先や取引先には、後任になる人を連れてあいさつに行きます。

退職通知の葉書なども前もって作成することです。

真面目に真心を込めて会社や関係者に接することが円満退職では重要です。

円満退職のためには、提出する退職願に書き方があります。会社によっては退職願専用の用紙がある場合がありますので使います。

用紙が決まっていない時は、たて書きの白い便せんに万年筆かボールペンで記入することが一般的です。

礼儀として、適切な退職願を書くことも大事です。宛名は代表者や社長名にした上で殿をつけましょう。

自分の名前はやや下よりに記入します。

人間関係のもつれや待遇への不満が退職の直接的な理由だったとしても、退職届の退職理由は「一身上の都合」等と書きます。

制服や身分証明書など、返すべきものは忘れず返しましょう。

会社の経費で配給されたものは、持ち帰らないようにします。会社に属していたときに着用していた制服や作業服はクリーニングに出してから返却するのが常識といわれています。

会社を退職を時には、忘れずに会社を辞めたことの証明になる離職票をもらってください。

離職票をハローワークに持っていかなければ失業手当はもらえません。失業手当を受給するつもりがないという人は離職票はいらないことるあるようです。

また、次の年末調整や確定申告のために源泉徴収票をもらっておく必要があります。いくつかのポイントに気をつけるとで、円満退職をなし遂げることが可能です。