ゴーン被告海外逃亡に日本人が関わった可能性浮上「弁護士か…」というコメント多数

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)は、16日に発売された仏誌「パリマッチ」に掲載されたインタビューで、日本から逃亡した際に日本人の協力者がいたかを問われ、「日本でまったく加担してくれる人なしにこの国(日本)から出られると考えるのなら、それは幻想だ」と述べ、日本人の協力者がいたことを強く示唆した。
出典:ゴーン被告逃亡に日本人協力者? 本人が仏誌取材に示唆

ネット上の反応


まず頭に浮かぶのが弘中弁護士あたりではないだろうか?

辞任した弁護士のうちの誰かですかね。

弁護士でしょ。

関空含め、逃亡に何かしら手を差し伸べた人たちに対する批判的な報道が少ないことに違和感を感じる。

誰かゴーンを日本へ強制的に連れてくる方法はないものだろうか。

オリンピックを前にゴーンが日本の盲点を晒してくれて良かったと思う。

しずくちゃん的解説


しずく
弁護士ではないか?というような予想が多いのですね!
しずく
すぐに思いつくのはそのあたりですが果たして、後々必ずバレることに弁護士が加担しのかという点については少し疑問が残りますね。
しずく
すべては時間が解決してくれるのです。そのうちボロが出はじめるのですよ…