首里城焼失、5度目の修復を30年かけて終えたばかりだった…出火の原因は何なのか?

修復工事


 朱の瓦が美しい中国の王宮風の建築に、日本の城郭に見られる唐破風(からはふ)屋根を付けた首里城は、両国の文化を取り入れた琉球文化の象徴で、戦前には正殿が国宝に指定されていた。沖縄戦による焼失を経て、30年に及ぶ復元工事を今年1月に終えたばかりだった。
出典:首里城、30年に及ぶ復元工事…今年1月終えたばかり(読売新聞)

出火の原因は?


YouTuberが「犯人は僕」というような動画をアップしていたようです。(現在は見られないようになっています)

動画によると「さきほどニュース入ったと思うんですけど、沖縄の首里城が火災になったということで、それを実際にやってしまったのが僕ですね。本当に申し訳ないです。僕の不注意で。タバコを吸ったんですけど、それが近くの森に移って、それがさらに首里城に移ってみたいな感じで。大事な建造物、首里城を燃やしてしまった。本当に申し訳ないなと思います。急いで消火活動を手伝ってきて、今休憩中なんですけど、今でも消火活動が続いているということで、また一緒に協力して、消火活動引き続きやっていきたいです。ご迷惑をかけたみなさま大変申し訳ございません。本当に僕のひとつの行動がこういうことになってしまって本当に大変申し訳ございませんでした。以後、本当に気を付けます」(公開動画より、現在は削除済み)と言うようなものでした。

しかし、信憑性は定かではありません。

現在の仮定では、動画のアクセス数を狙ったものではないかということになっています。

もし、その様な目的で動画が公開されたのであれば偽計業務妨害罪となりうるでしょう。

現在のところ出火の原因は特定されていませんが「電気火災」の可能性が高いのではないかと言われています。

理由としては、火の回りが以上に早かっためです。

放火や火の不始末だった場合、これほどまで早く火災が大きくならなかった可能が高いです。

そこで考えられる出火原因が電気設備のトラブルということになります。

電気設備は基本的に人目に付かないところにあります。

そのためショートなどで出火してしまったとしても発見まで時間がかかります。

発見までの間に壁の隙間等を伝って炎や煙が充満したのではないかと考えられます。

しかし、警察により正式な発表話されていません。

あくまで仮定をお考え下さい。

しずくちゃん的解説


しずく
朝から大きなニュースが飛び込んできてびっくりしたのです。
しずく
ノートルダム寺院のようなことが日本で起こるとは思っていなかったですね…
しずく
日本は木造建築物が多いので火災には細心の注意を払わなければいけないのです。