【危機一髪】「スターウォーズ」続編の脚本流失の可能性があった事件発生

2019年12月3日

来月公開される「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」に出演している英俳優ジョン・ボイエガは27日、同作の脚本をベッドの下に置いたままにしていたところ、その後清掃員が見つけてインターネットオークションサイトの「イーベイ」に出品したと明らかにした。

J.J.エイブラムス監督は今週、制作関係者がイーベイに出品中の脚本を見つけ、売却される前に取り下げたと明らかにしていた。

ボイエガは米テレビ番組「グッドモーニング・アメリカ」で、「当時はアパートの引っ越し中で、脚本をベッドの下に置いた。朝起きたら動かそうと思っていたけれど、人が来てパーティーをしたりして、脚本はずっとそこに置いたままだった」とコメント。「数週間後に清掃員が来て脚本を見つけて、イーベイに65ポンド(約9200円)ほどで出品した。本当の価値は分からなかったんだろう」と語った。

「スター・ウォーズ」の脚本は映画界でも最も厳重に取り扱われているものの一つ。キャストの多くは出演部分の脚本しか知らされず、評論家も事前に映画を観ることはできない。
出典:「スターウォーズ」続編の脚本を俳優が置きっぱなし、清掃員が競売に

ネット上の反応


台本が捨てたものでなければ清掃員は置き引きの窃盗犯になる

清掃員の方がスターウォーズファンで、この手の物をどう捌けばよいのか分かっていれば、家や超高級車位は買えた気がする。

スターウォーズはグダグダ

清掃員の方がこれの本当の価値を知っていれば今頃大金持ちだったかもね?

ディズニーになってから見事に面白くなくなった。

しずくちゃん的解説


しずく
本当の価値の分かる人に渡っていたならば、転売されまくり高額になっていたと思うのです。情報規制が厳しいスター・ウォーズだからこそ誰も本物だと思わなかったのですね…