国際オリンピック委員会(IOC)相談なしにマラソン会場変更計画を発表…蚊帳の外の日本

ニュース内容


2020年東京五輪のマラソンと競歩をめぐり、国際オリンピック委員会(IOC)が暑さ対策として、会場を東京から札幌に移す計画を発表したことについて、東京都の小池百合子知事は17日午前、「たぶん東京は一番最後に知らされたんじゃないか。まさに青天のへきれきだ」と述べた。
出典:マラソン変更「それなら北方領土くらいで」 小池知事(朝日新聞)

なぜ今になって変更


暑さが問題になるのではないかと前々から問題視させれていたマラソン競技ですが、開始時間を早める等の対策が取られる予定でした。

しかし、今になって開催地域の変更です。

それ相応の理由があるのでしょうが今のところ「なぜ、今頃?」という答えは出ていません。

チケットも既に販売されています。

せめて、販売前に行動して欲しかったものです。

この件に対するネット上の反応


小池氏に相談はすべきであり運営側の根回しにも問題がある。

開催都市・東京を無視したやり方はおかしい

東京都になんの了解もないのはおかしい

払い戻しとなれば、その負担は言い出したIOCになるのは当然。

そもそも自分達の都合で真夏開催を強制したせいで暑さの問題が出てきてるわけだしね。

選手がより力発揮できるコンディションでの開催を考えて欲しいから、そういう点で考えると、札幌での開催の方が良いやろうね。

しずくちゃん的解説


しずく
管理人さんが記事の方で言っているように計画を発表するのが遅すぎると思うのです。チケットを購入してしまった人がかわいそうなのです…
しずく
チケットの払い直し、再販売となれば再度費用がかかります。その負担がどうなるのか気になりますね。
しずく
まだ、発表段階なので正式に決まったわけではないので今後の動きに期待なのです。一番優先されるべきは選手がベストな状態でっ協議に集中できることなのです。