一番マグロ今年もすしざんまい社長1.8憶円でセリ落とす

 豊洲市場(東京都江東区)で5日早朝、令和初となる新年の初セリがあった。毎年高値となって話題になる生の本マグロは、青森・大間産276キロに1億9320万円(1キロあたり70万円)の値がついた。記録の残る1999年以降では、昨年の大間産278キロの3億3360万円(同120万円)に次いで、過去2番目の高値となった。
出典:本マグロ1本、1億9320万円 豊洲市場で令和初セリ

ネット上の反応


これだけ命張っているのだからもう少し税金軽くてもいいと思うけどね

寿司三昧社長も大したもの。産地も有名になり、漁師さんも良いし、他の漁師さんもモチベーション上がるし。

安全操業で頑張って下さい。

この漁師にいったいいくらの税金が課せられ、手元に残るのはどれだけなんだろう。

新しい船を買うなりして節税ですね!