京アニ放火事件事情聴取始まる「どうせ死刑になる」、「ネット上の反応」

36人が死亡した京都アニメーションの放火殺人事件で、容疑者の事情聴取が始まったことがわかった。

青葉真司容疑者(41)は2019年7月、36人が死亡、33人が重軽傷を負った京都アニメーションの放火殺人事件で逮捕状が出ている。

しかし、青葉容疑者自身も全身に負ったやけどで治療を受けていて、逮捕には至っていない。

これまでに青葉容疑者は、徐々に回復していたが、8日、京都府警が病室で初めて1時間にわたり事情聴取を行ったことがわかった。

青葉容疑者は淡々と捜査員の質問に答え、容疑を認めたうえで、「どうせ死刑になる」などと話していたという。

出典:【速報】京アニ放火 容疑者を事情聴取 「どうせ死刑になる」(関西テレビ)

ネット上の反応


許せないし、やるせない事件です・・・

発言からにして明かに幼稚な考えで犯行に及んだ可能性がある。

ほとんど別の生物だなあと思う

精神疾患からの事件で終わらせることはできません。

殺意を抱いた経緯と、その時の心情を詳細に話して欲しいということです。

しずくちゃん的解説


しずく
罪のない人が大勢犠牲となりなぜ、事を起こした青葉容疑者が生きているのか本当にやるせない思いです。青葉容疑者がここまで回復するまで懸命の医療活動をされた医師、看護師の方々に感謝です。折角生き延びられた命です。事件を明らかにして自身で分かっているようなので早めに事件解決し「死刑」を受けてください。
しずく
この手の事件だと「精神疾患が…」となり罪に問われないことが多いのです。しかし、今回の事件の場合事前の準備がしっかりとされいたため計画性のある悪質な事件だと思うのです。疾患の無い人間と同じ刑罰を受けることを強く望むのです。