世界一高い薬は2憶円!? 保険適用された場合公的医療保険の財源に影響する可能性も…

厚生労働省の専門部会は26日、世界一高い薬とされる脊髄性筋萎縮症の遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」の国内での製造販売を了承した。3月中に正式承認される見通し。遺伝子治療薬としては国内2例目となる。
出典:2億円、「世界一高い薬」承認へ 脊髄性筋萎縮症の治療薬
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020022601001280.html

ネット上の反応


タダ乗りを防ぐのは難しい上に、財源も問題になるから、外国人への保険適用は見送るか厳格化してほしい。

命の重さには代えられないとはいえ、2億円という対価が、助け合いの制度である社会保険で支えるべきものなのかについては議論の余地があると思う。

本当に二億が適正価格なのか。

このような超高額な薬剤については、公開審査で適正か確認して欲しい。

高いか安いかではなく価格に見合った効果を期待できるかで評価はするべき。

しずくちゃん的解説


しずく
2億円と言うと一般的な人の生涯年収に匹敵する金額になりますね。人目を気にするならば「命はお金では買うことはできないが、お金で救うことはできる」と言いますね。批判覚悟で言うならば、「一人の命を救うために税金から2億円近い金額を出すのは…」となりますね。
しずく
本当に難しいと思うのです。