ヒロアカが再び炎上、今度はヒトラーの誕生日と同じキャラがいることが原因「1/365やでby管理人…」

そもそも何故炎上したのか?


炎上(韓国中心)の原因は、メインキャラの一人、爆豪勝己の誕生日である4月20日が、アドルフ・ヒトラーの誕生日と同じだったというものだ。

その他のキャラの誕生日にも当てつけのような指摘だ多数あげられている。

爆豪勝己の誕生日である4月20日→アドルフ・ヒトラーの誕生日
敵連合のリーダー・死柄木弔の誕生日4月4日→山本五十六の誕生日
緑谷出久の誕生日7月15日→日本共産党の成立日

事の発端となった「丸太」を謝罪するのがそもそもの間違いだった


ヒロアカにスポットが当たるきっかけとなったのは、ヒロアカ259話に登場したキャラクター・志賀丸太の名前が第二次世界大戦の際に満州で人体実験をしていたとされる731部隊の被験者の隠語「マルタ」に由来するという憶測が流れたからだ。

その後、作者、集英社はそのような意図はなかったと発表。また名前の由来は、「『丸太』は『丸々と太った』感じを表せればと名付けたもの」という説明されているが騒動は収まらなかった。

このことに気を良くしたのかヒロアカの粗さがし、いやこじつけがヒートアップしたのだ。

そもそも、丸太という名前は固有名詞であり日本では普通に使われているものだ。それを731部隊が由来しているではないかという憶測が流れた時点で謝罪してしまったこと自体が間違いに思える。

ネット上の反応


爆豪の誕生日がヒトラーと同じで炎上とか丸太以上に意味不明すぎない?

ヒロアカで炎上させにきてる韓国人しょうもない

もう謝罪しなくていいですよ堀越先生…

酷い言いがかり

俺も同じだけどね。

最初で断固として曲がるべきでなかったんだよ

しずくちゃん的解説


しずく
些細なことに言いがかりをつけて炎上させようとする人がいて、純粋にヒロアカを楽しんでいる人たちがかわいそうなのです。
しずく
次は、絶対に謝罪してはいけません。これをしてしまっては、使用できない誕生日だらけになってしまいます。