大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」着ぐるみキャストが熱中症で死亡 急がれる対策

大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で28日、着ぐるみを着てダンスの練習をしていたアルバイトの男性(28)が意識不明となり、搬送先の病院で死亡したことが分かった。府警が29日明らかにした。熱中症が原因という。
出典:ひらパーの着ぐるみアルバイト、熱中症死亡 (KYODO)

この記事に対する反応


他の施設も他人事ではないでしょう。

これは予測出来てたんでは?これは、会社と現場管理者の責任を問われますよ。

この陽気で、キグルミ着て、ダンスは流石に無謀と思う。自分は関東民なので、ヒラパーとは縁遠いが、従業員の管理体制に問題があったかもな。東京ディズニーでは、キグルミ職の人のパワハラや低賃金が問題になったが、全国的にテーマパークのキグルミ職の労働環境はあまり良くないのだろうか?

これは着ぐるみを着せた主催者に問題があるのでは?
もう昔の夏とは違うのを認識した方がいいと思う。

まずは亡くなられた方のご冥福お祈りします。男性は、ここ数日ちょっと体調がすぐれない状態やったらしいけど、今日のような酷暑で着ぐるみを着てってのだと、熱中症のリスクが高まりますね。会社側もどこまで把握できてたかですけど、場合によっては管理責任問われる可能性も有りますね

昔、夏に着ぐるみのバイトやったことがあるけど、30分子どもたちと握手して歩くだけで汗は滝のように流れて視界が悪くなるし、頭はクラクラするしで大変だった

独り言


練習で熱中症となり死亡です。

練習していた場所には冷房設備は無かったのでしょうか?

あったとしてもパークでお客さんに演技を見せるとなれば過酷な仕事となることでしょう。

最近、暑い日が続く異常な事態となっています。

昔とは違うのです。

お客さんを楽しませるということも大切ですが、キャスとの命を最優先にしてもらいたいものです。