「表現の不自由展・その後」河村市長視察→即刻展示の即時中止を求める 

名古屋市の河村たかし市長は8月2日、愛知・名古屋市などで開催中の「あいちトリエンナーレ2019」内の企画展「表現の不自由展・その後」を視察した。同企画で展示されている「平和の少女像」について、即刻展示を中止するよう大村秀章・愛知県知事に申し出るとの考えを明かした。
出典:「平和の少女像」展示中止を要請へ。あいちトリエンナーレを河村たかし・名古屋市長が視察 (HUFFPOST)

この記事に対する反応


なんであえて日本国内にそんな像を展示する必要があるのか理解に苦しむ。
平和の像というのはあくまでも主観。
平和の象徴としてなら他にふさわしい展示があるはずだと思う。

河村市長素晴らしいです。

当たり前だが出展させただけでも大問題

芸術を政治に利用してはダメです。

これは開催の前に十分想像できた案件じゃないの?

これでいいと思う。こんなの芸術じゃなくて、ただの反日活動。

愛知県県民としては頑張って働いて納めた県税がこんな形で使われたのなら納得いかない

知事を替える必要があるな、次の選挙で。

作者が平和の象徴として造っても、実際は反日のシンボルとなってます。不謹慎な展示。あの国なら暴動が起きてますよ。

独り言


迅速な行動をした市長を評価すべきと言いたいところですが、展示物の事前の確認はしていなかったのでしょうか?

していれば、こう問題とならなかったのでは。

まぁ、問題となってすら何もしない人たちも世の中には五万といるわけですからやはり、河村市長を評価するべきでしょうかね。

求めるだけでなく実際に中止されるまで。対応をお願いしたいですね。