本物のスラム街がどんなものなのか伝えたかった…日本人YouTuber ブラジル貧民街に潜入する批判多数と報道されるも実際はそのようなことは無かった…

ブラジル・リオデジャネイロの貧民街で日本人のユーチューバーの男性がギャングとみられる男と写真を撮るなどした映像を投稿し、批判を呼んでいます。

現地メディアによりますと、映像を投稿したのは日本人で30歳の男性ユーチューバーです。男性は去年12月、リオデジャネイロの貧民街のファベーラを訪れ、銃を持ったギャングのメンバーとみられる男と一緒に写真を撮ったり銃を構えたりした映像をユーチューブに投稿しました。男性が訪れた場所では先月に軍警察の捜索の際に4人が死亡していて、「非常に危険な行為だ」などと批判の声が上がっています。映像を投稿した目的について、男性は「恐怖はあったが、本物のスラム街がどんなものなのか伝えたかった」などと説明しています。
出典:日本人YouTuber ブラジル貧民街に潜入し批判呼ぶ

ネット上の反応(Youtubeコメント欄より)


報道の仕方によっては良い人にも悪者にもなる

報道機関がいっつもやってる事でしょ

拳銃は写真とらしてあげるけど、顔は撮るながマジでリアルでよかった

勇敢なる日本人すげー

何が悪いの?

YouTubeはリアルを伝える場所。彼らも危険は承知の上で伝えてくれる。

誰得か分からない大食い番組作ってるテレビ局に比べたら全然良いと思う

ネット上の反応(ネット記事より)


自己責任でやるならOKです。

こうやって動画配信してると気が大きくなってしまうんだと思う。

あまりにも危険で無謀です。

今回は運が良かったと思いますが、こういう無謀なことは止めた方がいいです。

危険です。勇気と無謀を履き違えている。

まともなYouTuberっていない…

ブラジルからしたら恥部を見られる感じがして嫌なんだろう

しずくちゃん的解説


しずく
コメントが集まる場所によってここまで意見が分かれるのですね
とても興味深いです。
しずく
しずく的には、こういったYouTubrがいてもいいと思うのです。
メディア伝えきれないところをyoutubeが担ってもいいのではないかと思うのですよ